1piu1uguale3 WINGTIP BOOTS & TUSSEL LOAFER 入荷!!

セレクトショップN.K.B小林です。

1piu1uguale3よりWINGTIP BOOTS & TUSSEL LOAFERが入荷!!
素材から縫製までMADE IN JAPAN に拘ったドレスシューズコレクション・・・気になる方は是非!!

細部にまで拘った日本の靴作りの真髄を具現化したドレスシューズ

素材から縫製までMADE IN JAPAN に拘りグットイヤーウェルト製法で作られたレザーシューズコレクション。
グットイヤーウェルト製法は靴の製法の一つでハンドソーン・ウェルテッドと呼ばれる手縫いの製法を機械化した方法で、19世紀後半の製靴機を発明した米国のチャールズ・グッドイヤー2世と細革(ウェルト)に由来します。
中底に貼り付けられたテープのリブと呼ばれる部分に甲革、裏革と細革と呼ばれる細い帯状の革(ウェルト)を縫い付け(掬い縫い)その細革とソールと縫合する(出し縫い)は、ソールと甲革が直接縫い付けられていないため(複式縫い)ソールが磨り減った場合はオールソールと呼ばれる靴底全体を新たなものに付け替える修理が可能。
素材にはベジタブルタンニン鞣しの革を選定し用意。
タンニンなめしの革は使えば使うほどに馴染み味わい深い表情を見せ、どんどん高級感がましオーラがでてくる多くのクラフターが特にタンニンなめしにこだわるのはこの為です。
ベジタブルタンニン革の特徴として、使い込むほど手や体に馴染み深みのある色に変化していくのが魅力で、特徴として多少の色落ちが起こるがそれは革らしい風合いをそのまま生かし仕上げているからです。
タッセルローファーは甲部分に房飾り(タッセル)があしらわれたローファーの一種。
アメリカでは学生時代をローファーで過ごした弁護士がタッセルローファーを愛用していたことから弁護士の靴としても知られビジネスの場においても着用可能。
特徴的なデザインからローファータイプの中で最もドレッシーな革靴と称されています。
トゥ部分に翼(Wing)のにような切り替えを施したウィングチップ(Wing tip)は短靴とブーツを用意。
靴全体にメダリオンやパーフォレーションなどの穴飾りを施しているものが一般的で種類にもよるがビジネスシーンから休日のタウンユースまで幅広く使用できるアイテム。
3型ともに原皮のままの厚さで吊り込み縫製を施し縫製糸は太番手の糸を使用し運針を計算することで無骨さを兼ね備え、ソールは実用性とメンテナンスを考慮しハーフソール仕様にて仕上げています。

●「AKM SUMMIT vol.2」いよいよ始動!!●

●EDWIN x junhashimoto「新作スキニー」入荷!!●

●CLEARANCE SALEスタート!!●