• MRG230
  • MRG230
  • MRG230

ポイント10倍

M

品番:MRG230

WINGTIP BACK ZIP (ENAMEL BLACK)

WINGTIP BACK ZIP (41 26.0cm) ¥120,000(税別) ¥120,000(税別)

この商品は現在 売切れ です。

 お問い合せ
WINGTIP BACK ZIP (42 27.0cm) ¥120,000(税別) ¥120,000(税別)
WINGTIP BACK ZIP (43 28.0cm) ¥120,000(税別) ¥120,000(税別)

この商品は現在 売切れ です。

 お問い合せ
WINGTIP BACK ZIP (44 29.0cm) ¥120,000(税別) ¥120,000(税別)

この商品は現在 売切れ です。

 お問い合せ

1piu1uguale3 2017 A/W COLLECTION

ブランド

1piu1uguale3 | ウノピュウノウグァーレトレ

シリーズ

1piu1uguale3 TOKYO COLLECTION RUNWAY LIMITED ITEM COLLECTION

素材

表地:ENAMEL

サイズ(単位cm)

1piu1uguale3 41 42 43 44
CM 26 27 28 29

※商品の採寸方法により、多少の差異はございます。

備考

細部にまで拘った日本の靴作りの真髄を具現化したドレスシューズ

素材から縫製までMADE IN JAPAN に拘りグットイヤーウェルト製法で作られたレザーシューズコレクション。
グットイヤーウェルト製法は靴の製法の一つでハンドソーン・ウェルテッドと呼ばれる手縫いの製法を機械化した方法で、19世紀後半の製靴機を発明した米国のチャールズ・グッドイヤー2世と細革(ウェルト)に由来します。
中底に貼り付けられたテープのリブと呼ばれる部分に甲革、裏革と細革と呼ばれる細い帯状の革(ウェルト)を縫い付け(掬い縫い)その細革とソールと縫合する(出し縫い)は、ソールと甲革が直接縫い付けられていないため(複式縫い)ソールが磨り減った場合はオールソールと呼ばれる靴底全体を新たなものに付け替える修理が可能。
この製法は工程も複雑なために靴の完成までに非常に手間がかかり構造的に堅牢であるため比較的重く硬い仕上がりになりますが、頑丈で安定しており歩行性・緩衝性に優れ長時間歩いても疲れにくい特徴を持ち、イギリスのビスポークの靴ブランドがよく取り入れている製法です。
素材にはベジタブルタンニン鞣しの革を選定し用意。
“ 皮 ” を “ 革 ” にする動物の皮を剥がして叩いたり揉んだり乾燥させたりして皮の繊維を分解する工程を「なめし」といい、その起源は古く現在に至るまでに皮を煙で燻したり植物の渋(タンニン)に漬け込んだり動物の脂を塗り込んだりする手法などが編み出されました。
こうして発展してきたなめしには植物性でなめす「タンニンなめし」と化学薬品でなめす「クロームなめし」があり、タンニンなめしの革とクロームなめしの革は一見大した違いは無いが、クローム革と比較した場合タンニン革は硬く重く水や汚れに弱く扱いが難しいのが特徴。
タンニンなめしの革は使えば使うほどに馴染み味わい深い表情を見せ、どんどん高級感がましオーラがでてくる多くのクラフターが特にタンニンなめしにこだわるのはこの為です。
ベジタブルタンニン革の特徴として、使い込むほど手や体に馴染み深みのある色に変化していくのが魅力で、特徴として多少の色落ちが起こるがそれは革らしい風合いをそのまま生かし仕上げているからです。
また革には動物が生きていた証しとして血筋やトラ(シワ)が少なからずあり、革らしさを生かした透明感のある染料染め仕上げです。
タッセルローファーは甲部分に房飾り(タッセル)があしらわれたローファーの一種。
アメリカでは学生時代をローファーで過ごした弁護士がタッセルローファーを愛用していたことから弁護士の靴としても知られビジネスの場においても着用可能。
特徴的なデザインからローファータイプの中で最もドレッシーな革靴と称されています。
トゥ部分に翼(Wing)のにような切り替えを施したウィングチップ(Wing tip)は短靴とブーツを用意。
靴全体にメダリオンやパーフォレーションなどの穴飾りを施しているものが一般的で種類にもよるがビジネスシーンから休日のタウンユースまで幅広く使用できるアイテム。
ちなみに「ウィングチップ」は米国での呼び名であり英国では言葉の意味するところは若干異なるが同様の革靴を指して「フルブローグ」と呼称します。
アメリカのファッション文化の影響を色濃く受けた経緯のある日本ではウィングチップと呼ぶことがほとんどです。
ウィングチップの歴史は長く、その発祥は16世紀から17世紀ごろ、スコットランドおよびアイルランドの高知に住むケルト系民族のゲール人が履いていた労働靴がルーツとされており、彼らの履く「クアラン(Cuaran)」や「ラリオン(Rullion)」と呼ばれる作業靴はワックス引きの生皮製で、頑丈かつ耐水性に優れたものでした。
さらにこれらの靴には伝統的な穴飾りやギザギザの切り返し二重のステッチなどまさに今日のウィングチップの基となるデザイン要素を備えていました。
これらが19世紀末にイギリスへと渡り英国貴族たちが田舎(カントリー)での散策やハンティングで使用するブーツすなわちカントリーブーツの誕生です。
内羽根を採用した短靴は羽根のレース仕様ではなく内側にゴムを渡すことでフィット感を生み出し、ブーツは通常サイドゴアやレースアップであるがバックジップを採用し足首のフィット感を計算したパターンメイキングにメダリオンを施しています。
3型ともに原皮のままの厚さで吊り込み縫製を施し縫製糸は太番手の糸を使用し運針を計算することで無骨さを兼ね備え、ソールは実用性とメンテナンスを考慮しハーフソール仕様にて仕上げています。

1piu1uguale3 その他のアイテムへ

配送について

到着日と時間帯の指定がご利用頂けます。

15時までのご注文は、当日発送が可能です。到着をお急ぎの方は、ご注文時に”最短到着”とご記入下さい。

毎週火曜日と臨時休業日は、発送できません。営業日カレンダーをご参照下さい。