CATEGORY Persol | ペルソール

ペルソールはイタリアのアイウェアブランド。ブランド名はイタリア語でPer il Sol 、英語でFor the Sun「太陽のため」を語源としている。

1917年、イタリアはトリノの写真家でありベリー眼鏡店のオーナーであったジュゼッペ・ラッティは掛け心地や強度、良好な視界を研究し操縦士やレーサーのための眼鏡を作り始めました。これがペルソールの世界的な成功への第一歩です。 プロテクターと名付けられたバンドで頭に固定されるゴーグルはイタリア軍に採用され、1924年には14もの国際的な特許を取得し、スイス軍からも採用されることになります。

1930年代後半には現在でもペルソールの基本要素となっている世界初の曲がるテンプル メフレクト(Meflecto)が導入されます。それはステンレス芯が通ったナイロンとメタルのシリンダーを埋め込んで曲がりやすくなったテンプルが、どんな顔の形状にもフィットし心地よさを与えられるように開発されました。 そして古代戦士の剣からインスパイアされたペルソールのアイコン“矢(シルバーアロー)”の装飾もこの時期に生み出されました。

ラッティの閃きにより生まれたこのデザイン&機能は瞬く間に世界の国々で特許を認められます。
機能の一部でありながらその美しいデザインはペルソールを世界的に有名にさせることになりました。1957年、風と埃から眼を守りたいトリノの電車の運転手の為に考案された“モデル0649”が誕生します。サングラスとして大成功を収め、何年ものあいだ数々のコンペティターから模倣され続けています。
1961年にマルチェロ・マストロヤンニが映画『イタリア風離婚協奏曲』の中で装着し、このモデルは伝説となります。この年代は操縦士、スポーツ選手だけではなく、グレタ・ガルボやスティーブ・マックイーンのような映画、演劇界のスター達がペルソールを選ぶようになり、時の著名人にも愛用されるようになりました。
そして今現在でも多くのスター達がペルソールの素晴らしさにセットの中だけではなくデイリーライフにもペルソールを選んでいます。